みこしプロジェクト ←第1弾実行委員で命名
みんなで担ぐこだいらのこれからの市民活動
2017年11月6日更新
市民活動に資する3年連続事業
多くの方々に活発なご参加をいただき、おかげさまで有意義な機会となりました。
ありがとうございました。
さらに新たな試みを模索して、第4弾を実施しました。
 

2017年度のみこしプロジェクトは
11月5日
(日)

基調講演者は
西川正
さん

「連」167号特集に
報告記事掲載

 今年4年目を迎えるみこしプロジェクトは、公募で集まった一般市民による実行委員会で、この半年余り、小平市における課題を掘り下げ、対象とする年代層などについて議論を重ねてきました。
その結果、テーマは“子どもが安心して遊べる・あそびが生まれる”まちづくり(仮題)、基調講演者は、本プロジェクト第1弾「ヤキイモタイムからはじまるつながりの話」で好評を博した西川正さん(NPO法人ハンズオン埼玉常任理事、複数の大学講師、公的役職など歴任)となりました。
 同氏は最近『遊びの生まれる場所』を出版、6月26日付朝日新聞でも取り上げられました。その中で、3つの間(時間・空間・仲間)を大事にして大人になってからの友達づくりが大切だと言っておられます。さて、同様にしてみんなで持ちよる文化から大人の友達ネットワークが形成されるか、子どもたちのあそびとは、など、同氏のユニークな語り口が楽しみです。恒例の“えんたくん”を使ったおしゃべりティタイムも実施!

みこしプロジェクト第4弾チラシ表

みこしプロジェクト第4弾チラシ裏
みこしプロジェクト第4弾  NPO法人小平市民活動ネットワークでは、中間支援団体として地域の課題やNPOの実情を把握し、その解決に向けた気づき、対応を提案できるような事業案件を提示したいと考えております。過去3年間に実施した事業の中から取り組むテーマや方向性の洗い出しを行う、全く新しい切り口から的を絞る、或いは行政・企業・市民・NPOをつなぐNPO合同会議の実現といったことなど、じっくり議論し、企画・推進までご参加いただく実行委員会方式で今年も実施したいと思います。実行委員会は月1回程度(約2時間、夜間)、年度中にイベント実施の予定です。

回実行委員会:月22日(火)18:00〜 中央公民館
【問合せ】みこしプロジェクト実行委員会 事務局
 ☎&FAX0424-78-8150 (えぐち) Email: info@kodaira-shimnet.jp
 
 んなで担ぐ
だいらのこれからの
民活動
みこしプロジェクト

基調講演は
多摩信 価値創造事業部長の
長島 剛 氏!
みこしプロジェクト」第3弾

市民と企業が手を組めば
2016年9月10日(土)開催しました

   

今年も小平市の後援、有楽製菓(株)の協賛をいただきました。

2016年9月10日 土曜日
13:00~16:30

小平市福祉会館4階 小ホール

基調講演:長島 剛 多摩信用金庫価値創造事業部部長
事例紹介

 ①小平はぐくみプロジェクトこだはぐ”・ハッピーコンピューティング 
 ②あいばこつむじ
(相羽建設)
おしゃべりティータイム
 今年も「えんたくん」登場!

保育、ほかお問い合わせは
 みこしプロジェクト事務局へ

みこしプロジェクト第3弾
第12回実行委員会
2016年9月7日(水)18時~ 小平市中央公民館
今年のテーマ は“企業”。
企業が NPOや市民活動と関わり持つきっかけの半分以上は
NPO 側からの打診だそ うです。
企業が市民活動団体に提供きるモノは、市民なら様々な視点から考えれます。
この事業へのお問い合わせは下記まで。
 みこしプロジェクト実行委員会事務局
 E-mail:info@kodaira-shimnet.jp
小平市民活動ネットワーク事務局 Fax:042-323-5450
 NPOフェスタ2015
特定非営利活動法人 小平市民活動ネットワークブース で
発表
 2015年10月25日に元気村おがわ東で開催された
「元気村まつり」の「NPOフェスタin元気村2015」に参加し、
事業の紹介などの展示と説明、「連」の配布等をしました。
また、当日会場内2か所で上映された「事前インタビュー」では
5分ほどの団体紹介もしました。

報告は「連」をご覧ください。
「連」はこのHPで掲載のほか、
市内公共施設などで無料配布しています。
 
みこしプロジェクトの紹介
事業に協力してくださったイラストレーターと美大生に描いていただいた「えんたくん」は当日の人気を博し、写真を撮って行かれる方も。
みこし プロジェクト
みこし通信
(PDF)



2015年9月5日イベント
終了


んなで担ぐだいらのこれからの民活動
みこしプロジェクト」第2弾
(3回連続ツアー)終了しました。
ありがとうございました!

この事業については広報紙「連」で掲載するほか、
2015年10月25日(日)に元気村で行われる「NPOフェスタ」で展示発表の予定です。


 
第3弾に向けて準備中

問合せ: みこしプロジェクト実行委員会事務局
 E-mail:info@kodaira-shimnet.jp
 小平市民活動ネットワーク事務局
  Fax:042-323-5450
「第1弾」では、市民活動をしたことがない人もしている人も巻き込まれてもらうイベントヤキイモタイムからはじまる つながり のはなし」をプロデュース。参加者の間に新たな「つながり」が生まれました。

「第2弾」は3回連続ツアー。市外の方々を講師に、外から見た小平について基調講演、「こだいらって」をキーワードにしておしゃべりティータイム。

この事業は小平市の後援、市内企業有楽製菓㈱の協賛で
実施しました。

関連記事を
広報紙
」に掲載
 
9月イベント内容
 「こだいらって
  - 小平にすむ留学生から見たこだいらのまち ー」
 一橋大学小平国際学生宿舎に暮らす留学生の方々にお話しをうかがいました。
留学生の方々は出身地と小平市ばかりでなく、様々な土地に住んだりかかわったりしておいでです。こうした経験をしている若い方々とお話をして、改めて「こだいらって」を考える機会としました。

8月イベント内容
「こだいらって - 小平の観光資源の見つけ方 ー」

大下(おおしも) 茂 帝京大学経済学部教授にお話しをうかがいました。

『集客』と『市民協働』を研究テーマとして、観光計画、地域活性化計画、中心市街地活性化計画など、地域づくりやまちづくりの分野で実践的なプロジェクトなどに携わっておいでです。 「歴史」に学び、そこに現代的な価値を加えて、市民が地域をアピーできる「観光」、その原点は「人間の心理・行動」という理念から、様々な事例を交えた、説得力ある軽快なトークでした。
 参加者は年齢は20代から80代まで、様々な立場の方々50名ほど。
 頭が柔らかくなったところで、後半はおしゃべりティータイム。
大下先生のリードで、みこしプロジェクトでは既におなじみになった「えんたくん」を使ってのグループワークでした。

 7月イベント内容  「西荻案内所」を運営する5人の有志の中から、奥秋圭・亜矢ご夫妻が小平を探索、7月4日当日たくさんのお話を持ってきてくださいました。
後半は会場の全員が5人ずつ「えんたくん」を囲んで、協賛団体の有楽製菓提供のお菓子を食べながらにぎやかに弾んだ雰囲気で「こだいらって」を語り合いました。

住みなれていると思っているまち、特に印象を持たなかった「こだいら」を、改めて見直す機会になりました。
 
お待たせ しました!



 
みこし通信
2015年6月 word
2015年6月 PDF
みこしプロジェクト」第2弾 3回連続ツアー始動!  今年の「みこし」は7~9月第1土曜日にイベントをします。
 イベントのチラシ・ポスターを公共施設等で配布
 この事業は小平市の後援、市内の有楽製菓㈱協賛で実施しています。

申込・問合せ先:
 みこしプロジェクト実行委員会事務局
 E-mail:info@kodaira-shimnet.jp
 小平市民活動ネットワーク事務局
  Fax:042-323-5450
実行委員募集
活動期間:みこしプロジェクト第2弾終了(2015年10月見込)まで
ところ:小平市内公共施設、ほか
会 費:無料



クリックすると実行委委員募集ポスターのPDFファイルが開きます
2013年度
みこしプロジェクト
第1弾

終了 
大学生から80代のシニアまで老若男女約20名の実行委員会で
「楽しかった!」「また参加したい!」と思える集いを、と
企画しました。
 
2013年度イベントイベントは盛況のうち終了しました。
ありがとうございました。


 新企画 みこし プロジェクト
2013年度事業は終了しました 
2013年度独自事業はみこしプロジェクト←実行委員で命名
  んなで担ぐだいらのこれからの民活動
 
大学生から80代のシニアまで老若男女17名が集まり、
「ああでもない、こうでもない・・・」 ついに、市民活動をしたことがない人も
している人も巻き込まれてもらうイベントをプロデュース!

  ハンズオン埼玉の西川正さん5月17日(土)
  ヤキイモを通じて生まれたつながりのお話をうかがったあと、
  参加者もティータイムで交流しました。

これから2014年度のプロジェクトを立ち上げます。
これからの
市民活動

小平らしさ
模索する事業

 1事業の予算は30万円
3年間で3事業を
目指します。

関連記事を
広報紙」に掲載
「連」は市内公共施設で無料配布しています
 
ポスター
できました


2014年3月書き込み
チラシのJPEGデータは下をクリック
チラシ(表)    チラシ(裏)
イベント情報のページ
はこちらをクリック
みこし プロジェクト とは

2013年冬
書き込み
  当法人は、社会貢献活動を行う市民・市民活動団体のネットワークづくり、市民活動への支援ならびに地域の発展に寄与することを目的に活動して、今年10年の節目を迎えます
 この度、これからの市民活動小平らしさを模索する事業を立ち上げることになりました。
 ついては、当会会員のほか、一般市民からも事業の趣旨に賛同いただける方にご参加いただきたく、
企画運営実行委員募集のご案内をいたします。
 予算:1事業あたり30万円程度
 期間:1年度1事業とし、初年度は2013年度末までに実施
     3年間で3事業の実施を目指す。
 案内・申込用紙:word版 PDF版
 連絡先:当法人事務局
(入会案内参照)
 *ご連絡いただいた方には後日、当事業担当理事よりご連絡いたします。
シムネット設立10年にあたり着目したことは・・・(一部ご紹介)
・内閣府によると、中間支援団体の役割として挙げられているのは
 1.資源(人、モノ、カネ、情報)の仲介
 2.NPO間のネットワーク促進
 3.価値創出(政策提言、調査研究)
・2012年度「小平及び近隣市の市民活動状況調査」(あすぴあ)によると、
 小平市の市民活動団体の主な活動分野は
 ①まちづくり
 ②子育て・子ども関係
 ③福祉関係 

Copyrighit(c)2004 小平市民活動ネットワーク