小平市民活動ネットワークロゴ 特定非営利活動法人
小平市民買うt同ネットワーク
2か月分のイベント情報を、毎月発行の「」に掲載
2017年11月13日更新 
地域の活動 耳より情報 1件
トップ 最近の
活動
 
小平市民活動
ネットワークとは
入会
案内
広報誌
「連
団体会員
一覧
市民活動に
利用できる場所
地域
情報
 助成金
情報

こだいら認知症週間 11月13日~18日
1020日の市報参照
 
http://www.city.kodaira.tokyo.jp/kurashi/057/057721.html

「こだいら認知症フォーラム2017
 ~認知症を知り、地域で支えあう~

認知症は誰がなってもおかしくない病気です。
認知症について知り、
自分や家族が認知症になっても安心して暮らせる地域をつくるために、
一緒に考えてみませんか?


(とき)平成29年
11月18日(土曜)午後1時30分~4時30分
 *基調講演「認知症になっても、安心して暮らしたい」
  
講師:認知症介護研究・研修東京センター 研究部部長 永田久美子氏
 *小平市の認知症に関する取り組みの発表
(認知症に関するサービス等紹介)
 *シンポジウム「認知症の本人と家族の思いを知り、地域で何ができるか考える」
  シンポジスト:医師・グループホーム・家族会会員・地域包括支援センター・地域包括ケア推進担当課長
  
(服薬支援機器、徘徊感知、機器などの展示や、新しく始まる 「おでかけ見守りシール」の体験会)
(会場)
福祉会館5階市民ホール(小平市学園東町1丁目19-13)
(対象)市内在住・在勤・在学の方
(定員)200人(申込み制 先着順)
(参加費)無料
申込先)地域包括支援センター中央センター(基幹型)電話042-345-0691
     高齢者支援課地域支援担当 電話042-346-9539

  平成29年度 小平市民活動支援公募学生団体コース事業
 福島復興支援ツアー成果発表会
「つながる ~小平から福島へ~」

https://www.facebook.com/events/1260681217370275/

山路ゼミの学生が、昨年に引き続き今年2月に実行委員会を組織し、
近隣の学生も誘い、福島の被災地を訪問。

その成果を発表します。

日時:11月26日(日)13時30分~15時30分
開場:小平市福祉会館 和室ホール

内容:
 
① 学生の報告
 ② 震災のアニメ上映
 ③ 紙芝居の上演
 ④ 被災された方の体験談(被災直後の状況と現在)
  ③④は福島県浪江町の被災された方による上演とお話し。
  右のチラシは参加した武蔵美の学生が作成。115日号の市報にも掲載
 東京TAMAタウン誌会
「若い力と市民団体の連携を考えるシンポジウム」
 ―学生が地域活動にどうしたら充実感を持てるかー


大学と地域活動の取り組みやその課題についてシンポジウムを開催します。
前半は3大学からの事例紹介
後半で地域のボランティア団体、市民団体と有効な連携の仕方を考えます。

【日時】11月26日(日)午後1時~5時
【場所】多摩交流センター(京王線府中駅下車徒歩2分)
 府中市寿町1-5-1 府中駅北第二庁舎6階 ℡042-335-0100
【内容
  前半:発表大学のゼミ・サークル等の窓口担当者からの活動内容の紹介と学生からの事例発表
  後半:3グループに分かれて、市民活動団体との交流会(全員参加の討論)各グループからのまとめ
【主催】東京TAMAタウン誌会  後援 多摩交流センター
申込問合せ*11月15日まで
 柴崎記賢(株式会社 西多摩新聞社 080-1202-3737)
 大沢 稔(ふちゅうファミリープラザ 090-5506-1266)

地域の活動 耳より情報 過去記事

小平学・まちづくり第1回シンポジウム

先進事例に学ぶ生活支援と住民の力

高齢化が進む地域で高齢者の日常生活を支援するサービス(見守りや配食、生活便利屋的なサービス)をどう作り、高齢者夫婦や一人暮らしの高齢者、認知症高齢者の暮らしをどう支えるか―先進的な自治体での取り組みを学び、小平市の地域づくりを考えます。
シンポジストは小平市のほか、大垣市、稲城市、武蔵野市の担当職員をお招きします。

【日時】10月14日(土)13:30〜16:30
【場所】白梅学園大学J26講義室
【参加費】資料代200円 *準備の都合上10月6日(金)までにお申込み下さい。
【主催】白梅学園大学 小平学・まちづくり研究所
      小平西地区まちづくり市民ネットワーク
【申込・問合せ】白梅学園大学企画調整室
      Fax 042-346-5652
      E-mail:kodairagaku@shiraume.ac.jp

詳細は右をクリック→ Word版 PDF版

小平市地域包括支援センターの現状と課題
小平学・まちづくり第5回研究会

2025 年に向けて地域包括ケアづくりが小平市でも本格的に進みます。
その中心的な役割を担う地域包括支援センターは基幹型も含め5つの地域包括支援センターが小平市にあり、日々、介護予防のケアプラン作りだけでなく高齢者虐待、権利擁護等の日常業務に加え、相談の対応にも追われています。設立から10 年近く経過した今、地域包括支援センターから見た小平市の高齢者ケアの現状と課題、地域包括支援センターの課題も考えてみたいと思います。
是非皆さまお誘いあわせの上ご来場ください。

日時:平成29年7月11日(火)18時30分~20時(開場18時)
場所:小平市中央公民館 講座室2
講演:小平市の地域包括支援センターの現状と課題
講師:小平市地域包括支援センター小川ホーム 小林美穂所長
主催:白梅学園大学小平学・まちづくり研究所、
  小平西地区まちづくり市民ネットワーク
資料代:100円
準備の都合上、7月8日(土)までにお申し込みください。
問合せ・申込先: kodairagaku@shiraume.ac.jp
本事業は平成29年度公益財団法人キリン福祉財団の助成対象事業です。  

予告
第6回研究会「小平市の歴史を考える1」
日時:9月19日(火)18時30分~20時
場所:白梅学園大学などを予定
講師:小平市図書館司書 蛭田廣一氏

「笑いと元気はお口から!」
~「口腔ケア」でオーラルフレイル予防!~
健康体操 「小平いきらく体操」
小平西地区まちづくり市民ネットワーク学習会


今般、小平市西部地区及びその近隣地域において、高齢者が住み慣れた地域で自分ら
しい暮らしを最後まで続けることが出来るようシニアにやさしいまちづくり(「地域包括
ケアシステムの構築」に向けた地域づくり)を住民としての立場から推進することを目
的として、昨年9月に「小平西地区まちづくり市民ネットワーク」(略称「こだいら西ま
ちネット」)を設立し活動を始めました。
フレイルとは、健常な状態と要介護状態(日常生活でサポートが必要な状態)の中間
の状態を言います。なかでも口腔ケアは、健康な状態を維持するための重要な要素の一
つであり、本学習会では、歯や口腔ケアの重要性、手入れの仕方、用具の選び方、実技
など多岐にわたり学びます。
また、小平市民の介護予防リーダー第1期生が考案した、簡単な健康体操も行います。
皆様、ぜひお誘いあわせの上ご来場ください。

 日 時: 平成29年6月3日(土)14時~16時(開場13時30分)
場 所: 小平市中央公民館 講座室2
講 師: 歯科衛生士・介護予防指導員 木村 茂子先生
健康体操 「小平いきらく体操」 小平市民有志
会 費: 100円(運営費として)
主 催: 小平西地区まちづくり市民ネットワーク
協 賛: デンタルキュービック多摩 白梅学園大学地域交流研究センター
小平学・まちづくり研究所

問合せ・申込先:細 江 電話090-6033-5524
FAX042-344-7618 email:hosoeguri1226@ybb.ne.jp
本事業は平成29年度公益財団法人キリン福祉財団の助成対象事業です。

「ほっとスペースさつき」第8回の学習会
「フレイル」って、なあに? ~いつも、いつまでも「元気」を目指して!~
9月10日(土) 10時~11時30分 白梅学園大学

「フレイル」とは、日本では、虚弱、脆弱など様々な訳が使われてきましたが、
2014 年5 月、統一した日本語訳として日本老年医学会から提唱された言葉です。
健常な状態と要介護状態(日常生活でサポートが必要な状態)の中間の状態を言います。
「介護が必要な状況」は、病気などである日突然なることももちろんありますが、
多くの方は健常な状態から、フレイルの時期を経て要介護状態に至ります。
フレイルの状態を早期発見し、早期に対応することで、要介護に至る方を減らし、
健康寿命をのばすことができるのではないか、と様々な研究が行われています。
今回の学習会は、この「フレイル」をテーマに学びます。目指すは「元気!」
ボランティアスタッフや地域の方などどなたでもご参加いただけます。
皆様、ぜひお誘いあわせの上ご来場ください。

 日 時: 平成28年9月10日(土)10時~11時30分(開場9時30分)
 場 所: 白梅学園大学 I13講義室 (購買生協の左手奥)
 会 費: 資料代 150円(飲み物付き)
 内 容: 「フレイルを知って健康寿命を延ばそう」
 講 師: 酒井雅司先生(社会福祉法人 緑風会 理事長、緑風荘病院 院長)
 主 催: コミュニティサロン・ほっとスペースさつき運営委員会
 協 賛: 公益社団法人 東村山市医師会
 協 力: 白梅学園大学 子ども学部 家族・地域支援学科 有志

準備の都合上、参加ご希望の方は9月7日(水)までにお申し込みください。
問合せ・申込先:細 江 電話090-6033-5524
FAX042-344-7618 email:hosoeguri1226@ybb.ne.jp

2016年度 第1回 小平西地区・地域ネットワーク
http://daigaku.shiraume.ac.jp/nishinet/
 地域懇談会のお知らせ

日時:2016年6月7日(火)18時~20時
会場会場:白梅学園大学 113講義室
内容:上映会「おじいちゃんの季節」http://www.eibunsin.com/mcactv/012.html
*認知症の初期症状の山本四郎さんの孫や児童たち、地域の人との関わりが描かれています。
   交流(ブロック別交流会 ほか)
主催:小平西地区・地域ネットワーク
連絡先:白梅学園大学(森山)moriyama@shiraume.ac.jp
  042-346-5639 (白梅学園大学企画調整室)

 講師(勉強のお相手)の募集
白梅学園大学 小平西地区・地域ネットワークの「中学生勉強会」
開講日時:毎週 木曜日 午後6~8時
会場:小平市小川公民館
 〒187-0032 小平市小川町1-1012
 西武国分寺線「鷹の台駅」から徒歩6分
定員:10人
対象:退職した市民、主婦、学生など(教職の免許不要)
謝礼:無償
科目:国語・英語・数学を基本
主催:白梅学園大学・小平西地区地域ネットワーク
後援:小平市教育委員会、
申込先:奈良 勝行(なら・かつゆき)・
  白梅学園大学 教育・福祉研究センター 研究員 
TEL :090-4435-4306 & FAX: 042-344-7237

 ピアズ小平リーフレット画像小平市脳卒中患者 友の会(ピアズ小平)
ご一緒に活動する方を募集しています。
詳しくは下記URLで検索! *「こだいらネット ピアズ小平」でも検索できます。
 http://www.kodaira-net.jp/peers/

小平市中央公民館の利用者(サークルに属さない市民の方も含めて)と公民館職員との対話の場
「結いカフェ(ゆいかふぇ)」
2016年度第1回開催
とき:5月28日(土) 午後1時30分~3時30分
場所:中央公民館 視聴覚室(1階)

平成24年度の「結いカフェ」そもそもの出発点から、
今までの流れの説明(資料配付予定)と、これからについて参加者で話し合おうというものです。
中央公民館新館長の照井さんのあいさつ、公民館職員の紹介もある予定。

NPOライフデザインむすび から 年末年始のお知らせ
http://www.ld-musubi.org/
 脳活性化ケアゲーム・認知症予防教室は現在、花小金井南公民館 にて活動しています。
12月はお休みします。
28年度は、1月からは毎月第3土曜日10時から12時まで
 花小金井南公民館にて教室を開催します。
お問い合わせは下記事務局まで
T E L:042-343-7936 携帯:080-5687-7936
F A X:042-343-7936
Eメール:musubi011@office.zaq.jp

☆★☆ 夢の共演 ☆★☆
なかまちテラス☓地域☓職業大
クリスマスイルミネーション2015〜イルミネーションでつながる地域の輪〜
地域の方や職業能力開発総合大学校とのコラボで
なかまちテラスがイルミネーションで飾られました。
毎年恒例の職業大「ウィンターイルミネーション」もお楽しみください。
【日時・場所】時間はいずれも17:00〜22:00
なかまちテラスは1月下旬まで
職業能力開発総合大学校は12月25日(金)まで。
【問合せ】なかまちテラス☎042-344-7151
職業能力開発総合大学校☎042-341-3331

「鈴木公民館まつり」被災地に心を寄せるDays
https://www.facebook.com/yutukeccha/?pnref=lhc
http://www.manas-ishinomaki.org/
https://www.facebook.com/manasishinomaki/?fref=nf&pnref=story
 日時: 平成27年11月27日(金)~29日(日)
 場所: 鈴木公民館 ロビー
 内容: パネル展示(27~29日)、バザー(28・29日 駐車場)、
    講和&座談会(29日10:30~ 和室)
 ゲスト:細江卓朗さん、末永克さん、平塚唯さん

シルバー大学第41期の卒業生が、OB会「たまり場フォーティワン」を結成して
3年半が経過しました。
この間、講演会、ハイキング、見学会、バス旅行など多彩な活動を行っています。
今回は、安保保障関連法案可決、習近平中国国家主席の国賓としての訪米など
日本を取り巻く国際環境が著しく変化している状況下、
日本の行く末などを皆様とご一緒に勉強することにしました。
ぜひ、皆様お誘いあわせの上ご来場ください。
 シルバー大学OB回 たまり場フォーティワン第10回講演会
「これからの日米関係」

 日時: 平成27年11月17日(火)午後1時30分~3時30分
    (入場は1時から)
 会場: 小平市中央公民館 ホール(2階)
 講師: 江口 建之 氏 (有)EMIコンサルティング代表取締役
 内容: 米国社会が抱える悩みと日本の課題、ほか
 資料代: 100円 (簡単なレジメを配布)
 主催: たまり場フォーティワン運営委員会
申し込み締め切り:11月9日(月)
問合せ先:細江 TEL  042(344)7618
        090-6033-5524
        Email:hosoeguri1226@ybb.ne.jp

どんぐりの会 の 第13回月夜の幻燈会『セロ弾きのゴーシュ』
  http://dongurinokai.net/?p=6600
 とき 10月17日(土)午後6時~7時(開場5時30分)
  ※雨天の場合は18日(日)同時刻に延期
 ところ 小平中央公園どんぐり林(小平市津田町1の1 市民総合体育館東)
 入場無料(投げ銭歓迎)賛同人募集!
【自転車発電】午前11時~午後5時30分 幻燈会に必要な電気を自転車発電で発電します。雑木林で発電を行います。
 特に午前中の発電に参加して下さる方募集!脚力自慢の方も子どもたちも、ぜひいらしてください。
○天候による延期等は当日12時までにブログ(http://dongurinokai.net/ とtwitter(@dongurins)で発表

 福島の子どもたちに保養支援を!
ボランティアスタッフ・資金のカンパ(寄付)募集 チラシword版 PDF版

東日本大震災から4年が経ちました。ふくしまキッズプロジェクトinこだいら(旧福島の子どもたちを招く小平の会)では、震災が起きた2011年の夏から毎年、福島の子どもたちを清里や小平に招待して外遊びをプレゼントしてきました。
被災地支援にはさまざまな活動がありますが、福島の子どもたちに思い切り外遊びをしてもらう  企画はいまも全国各地で続いています。当会でも今年は秋の連休を利用して小平に子どもたちを招待 したいと思います。この企画を行うにあたり、多くの方々のご協力が必要になります。
みなさまのあたたかいご支援・ご協力を心よりお待ちしております。
2015年7月 ふくしまキッズプロジェクトinこだいら・ 代表 藤原 哲重

開催日時:2015年9月19日(土)〜22日(火・祝)
目的:ホームステイによる宿泊によりみんなで外遊びを思い切り楽しんでもらいます!
主催:ふくしまキッズプロジェクトinこだいら
問合せ・申込:細江 卓朗 090-6033-5524 hosoeguri@ybb.ne.jp
 ほっとスペースさつき第6回学習会のご案内
人がつながる居場所のつくり方 ポスター word版 PDF版
市民の居場所、コミュニティーデザインのグラウンドとして機能している
日野社会教育センターの中能孝則氏を講師にお招きし、居場所作づくりについて学びます。
日 時: 平成27年8月8日(土)10時30分~12時30分(開場10時)
場 所: 白梅学園大学  I-13講義室 (購買生協の左手奥)
会 費: 資料代 150円(飲み物付き)
講 師: 中能 孝則 氏(公益財団法人社会教育協会日野社会教育センター)
主 催: コミュニティサロン・ほっとスペースさつき運営委員会
協 力: 白梅学園大学 子ども学部 家族・地域支援学科 有志
 準備の都合上、8月5日(水)までにお申し込みください。
問合せ・申込先:細江 電話090-6033-5524 hosoeguri@ybb.ne.jp 
本事業は、平成27年度草の根事業育成財団助成対象事業です。
 第9回 白梅子ども学講座 「保育」を支える・「保育」で支える〜保育ソーシャ ルワークの可能性〜
   チラシ・申込書(PDF)
開催日時:2015年7月5日(日)14:00〜17:00
会場:白梅学園大学
内容&講師
「保育とソーシャルワーク〜子ども・家族を取り巻く 問題と保育現場の課題〜」
 講演:汐見稔幸 (白梅学園大学 白梅学園短期大学 学長
 対談:汐見稔幸☓長谷川俊雄(白梅学園大学子ども学 部教授)
 定員:150名(定員になり次第〆切)
 参加費:2000円
 問合せ先:白梅学園大学 白梅学園短期大学 教育・ 福祉研究センター
 電話042-346-5639
 ファックス:042-346-5652
 E-mail:center@shiraume.ac.jp

ほっとスペースさつき 第5回学習会は、認知症について学びます。
 日時:11月8日(土)13時20分~16時
 場所: 白梅学園大学  14講義室
 内容: 1.認知症サポーター養成講座
       地域包括支援センターけやきの郷 主任介護支援専門員 大津あかね氏(90分)
     2. 事例に学ぶ 認知症の人の理解と家族・地域支援
       白梅学園大学非常勤講師 合同会社ライフデザイン代表 大橋千枝氏(60分)
 養成講座を受講された方には、
 認知症のサポーターである目印のオレンジリングを配布いたします。
 リング配布の関係上、出席される方は31日(金)までに連絡願います。

 白梅学園大学 2014年度 家族・地域支援セミナー
 ※画面右のチラシ画像をクリックすると、申込書付チラシ(PDFファイル 470KB)が開きます。
  7月11日(金)18:00~20:00
 会場 ルネこだいら(西武新宿線小平駅より徒歩3分)
 受講料 2,000円 / 定 員 350名 (定員になり次第締め切ります)
 ◆基調講演(18:00~18:50)  「柏モデルをどう作ってきたのか」
   辻 哲夫氏(東京大学高齢社会総合研究機構特任教授)
 ◆シンポジウム(19:00~20:00)  「地域包括ケアの課題を考える」
   シンポジスト:新田 國夫氏(日本臨床倫理学会理事長、
          一般社団法人全国在宅療養支援診療所連絡会会長)
   辻 哲夫氏(東京大学高齢社会総合研究機構特任教授)
   コーディネーター:山路 憲夫(白梅学園大学教授)
問い合わせ・申込み:白梅学園大学 教育・福祉研究センター
 TEL 042-346-5639
 http://daigaku.shiraume.ac.jp
主催 白梅学園大学 教育・福祉研究センター
後援 小平市
 汐見稔幸さん(白梅学園大学学長)と一緒に考える特別講演会
  今日の子育てに必要なことは

 日時:4月12日(土)13時30分~16時 会場:小平中央公民館2階ホール
 資料代:300円
 問合せ:主催団体「学び舎江戸東京ユネスコクラブ事務局長 加藤
      e-mail manabiya@unesco.or.jp
      tel. 042-307-9985
 後援:小平市教育委員会・白梅学園大学小平西地区地域ネットワーク

チラシはこちら→word版 PDF版
こだいら未来ウィーク 2/22⇒2/28
市民力UP!プロジェクト」の集大成
市民力が広がる、つながる「イベント週間」です。
詳しくは上のリンクを開いて検索してください。
 実施期間:2月22日(土)~2月28日(金)
 実施体制:小平市・NPO法人Mystyle@こだいら (小平市いきいき協働事業
ふれあいアカデミー 平成25年度 ふれあいサロン 地域デビュー講座
  ~自分らしく、地域で輝くあなたをお手伝い~
  定年を迎えた方や間近な方、子育てを終えてひと段落した方など、
 “これから地域で何かをやってみたい”と考えている皆さん。
 生きがいや地域貢献をテーマに「自分らしく地域で生きるヒント」を学び、
 一歩を踏み出すきっかけにしてみませんか?
 市内で楽しく活躍されている方々の活動もご紹介します。
 
 日程:1月18日、2月1日、2月8日、2月15日、3月1日の各土曜日
     午後1時30分~4時30分
 会場: 小平市福祉会館 (小平市学園東町1-19-13)
 対象:おおむね60才以上の在住、在勤者   定員: 20人
 参加費:500円(全5回分資料)
 主催:NPOふれあいアカデミー
 協賛:小平市社会福祉協議会、NPO小平市民活動ネットワーク、NPO小平シニアネットクラブ、熟年いきいき会
 申込:NPOふれあいアカデミー 佐々木 Tel・Fax042-323-0148
 チラシはこちら→word版 PDF版 /日程・内容のご案内はこちら→word版 PDF版
 あすぴあ会計税務講座
毎年行っているパワーアップ講座の定番
今回は3回連続講座  ★申込は締め切りました
 日時:2月8・15日、3月1日の各土曜日午後2時~4時30分
 場所:小平元気村おがわ東
 参加費:無料
 講師:馬場 利明氏(税理士)

お問い合わせはあすぴあまで(月曜定休)
 ℡ 042-348-2104 (9時~21時)
 ファクシミリ 042-348-2115
 E-mail:info@kodaira-shiminkatsudo-ctr.jp
 コミュニティサロン・ほっとスペースさつき
第3回学習会 ―居心地の良い居場所づくりを一緒に学びませんか?―
 今回は、多世代交流の効果とそのために必要な知識や心構について学び、
一緒に考えてみたいと思います。      チラシはこちら→word版 PDF版
  日時: 平成26年2月21日(金)午後3時~5時45分
  場所: 白梅学園大学  I棟 13教室(購買生協の左手奥)
  会費: 資料代 150円(飲み物付き)
  内容: 1.多世代間交流がもたらす効果と地域の居場所
         元白梅学園大学・短期大学子育て広場指導員 柿沼 幸雄氏(50分)
      2.乳児・幼児の子育て支援と居場所
        NPO法人子育てサポートきらら代表 井上 明子氏(50分)
     *18時より、白梅学園生協食堂で「歓談・交流会」を行います。(会費:千円)
  主催:コミュニティサロン・ほっとスペースさつき運営委員会
  協力:白梅学園大学 子ども学部 家族・地域支援学科 有志
※準備の都合上、ご参加希望の方は、2月18日(火)までにお申し込みください。
  問合せ・申込先:細江 電話090(6033)5524 hosoeguri@ybb.ne.jp
  本事業は、平成25年度草の根事業育成財団助成対象事業です。
 国際パティシエ調理師専門学校第25回小平学園祭「卒業作品展」同時開催
 日時:2月15日(土) 10時~16時、16日(日)10時~15時
 場所:小平市小川東町5-21-14国際パティシエ調理師専門学校1階~6階
NPOこだいらソーラー設立1周年記念フォーラム
「ちゃんと知ろう!温暖化~気象予報士に聞く、異常気象と温暖化~」
 日時:2月8日(土) 14時30分から[開場14時15分]
 会場:小平市中央公民館地下和室けやき
 定員:50人 ※予約不要
 参加費:500円(資料代込)
 講師:NPO法人 気象キャスターネットワーク(WCN)代表 藤森涼子さん (日テレNEWS24 気象キャスター)
 連絡・問合せ:NPO法人こだいらソーラー ℡ 042-467-2861(19~21時) FAX 042-467-2951(7~21時)
         E-mail kodaira.solar@gmail.com
第12回白梅介護福祉セミナー 「地域包括ケアシステムを問う」
 地域包括ケア体制づくりが、今年初めの国会での介護保険法改正を受けて
 2015年から本格的に始まります。
 法改正の行方はどうなるのか。市町村はどう取り組めばいいのか。 改正案の内容を詳細に報告、検討するとともに、
 老後も安心できる人間らしい生活を続けるために私たちはどうすべきか、を考えます。
    *1月11日の読売新聞 多摩版にも記事が載っています。
 日時:2014年2月2日(日)13~14時
 会場:白梅学園大学
 受講料:1,000円(当日受付でお支払いください)
 問合せ・申し込み:白梅学園大学 教育・福祉研究センター
      〒187-8570 小平市小川町1-830
      ℡ 042(346)5639  ファクシミリ 042(346)5652
      E-mail center@shiraume.ac.jp   HP http://daigaku.shiraume.ac.jp
 チラシ(申込書付):PDF版
 シンポジスト
  石黒みどり氏 (東京都八王子市福祉部高齢者いきいき課長)
  石田光弘氏氏 (東京都稲城市福祉部長)
  榊美智子氏氏 (東京都高齢社会対策部介護保険課長)
  新田國夫氏氏 (日本臨床倫理学会理事長、全国在宅療養支援診療所連絡会会長)
 コーディネーター
  山路 憲夫 (白梅学園大学教授)
 NPO・市民活動のためのコミュニティリーダーズカフェ
 日時:2014年2月1日(土)、午後1時30分~4時
 参加費:無料
 講師:呉哲煥さん(NPO法人CRファクトリー)
 対象:NPO・市民活動に関わっている方、関心のある方
 定員:30人(先着順)
 お申し込み方法:事前に電話・ファクス・メールにてお申し込みください。
 場所・お問合せ・お申し込み先:三鷹市市民協働センター(三鷹市下連雀4-17-23)
 電話:0422-46-0048、ファクス:0422-46-0148
 メール:kyoudou@collabo-mitaka.jp
 主催:NPO活動法人みたか市民協働ネットワーク
たまり場フォーティワン 第5回講演会 -中高年からの健康・体力づくり-
 シルバー大学第41期(2010年度)の卒業生がOB会「たまり場フォーティワン」を結成して
 間もなく2年になります。
 この間、工場見学、芋煮会とハイキング、都心散策、バス旅行など活発な活動を行ってきました。
 また今までに、「小平の歴史を拓く」「一期一会の会社経営」「福島原発事故から2年」「アメリカ社会の建前と本音」
 と、4回の講演会を行い、会員以外の方にも好評をいただいています。
 今回第5回目の講演会は、我々中高年にとって一番身近な健康について学びたいと思います。 ぜひご来場ください。

 日時:平成26年1月27日(月)午前10時30分~11時30分(入場は10時から)
 会場:小平市福祉会館 第一集会室 (当日先着順30名まで受付)
 講師:元持 茂 氏(もともち しげる)
   (略歴)1969年中京大学卒業後ブリヂストン入社。労務、総務部署で35年に亘り
       企業OJT訓練等で健康指導をされた管理職
       2004年から09年NPO法人日本健康運動指導士会専務理事を務め現在にいたる。
 内容:「中高年からの健康・体力づくり」
    健康・体力づくりの必要性の変化  健康寿命を伸ばそう
    運動の三大要素  簡単にできる身体チェック
    柔軟性を高めるストレッチング  自重でできる筋トレ
 資料代:100円 (簡単なレジメを配布)
 主催:たまり場フォーティワン運営委員会   チラシ:word版PDF版
 問合せ先:江口 ℡ 042(478)8150
         Email:emi-eguchi@jcom.home.ne.jp
小平市男女共同参画センター”ひらく”10周年行事
 日時:1月25日(土)10時~15時
 会場:男女共同参画センター“ひらく”(小平元気村おがわ東)
 主催:小平市男女共同参画センターひらく10周年記念行事実行委員会
 内容:ミニコンサート (バイオリン演奏 熊田貴美子さん11:00~ 、13:30~
            ソプラノ独唱 星美智子さん12:30~ )
     カフェひらく (コーヒー・パン・クッキー・ランチ弁当)
     ミニバザー (裂き織り作品販売≪おだまき≫ アクセサリー・小物販売)
     トークイベント 「一歩をふみだしたいあなたへ」 ~やりたいことをカタチにするためのヒント~
           10:00~12:00 元気村第二会議室 定員20人
           (要事前申し込み:hirakumemorial10@yahoo.co.jp
           パネリスト NPO法人マドレボニータ 、ボディケアスペース3R+more 、
                 NPO法人子育てサポートきらら
           ※お子さんもいっしょに参加できます
 問合せ:〒187-8701 小平市小川町2-1333青少年男女平等課推進係
     電話:042-346-9618  Fax:042-346-9200
コミュニティサロン・ほっとスペースさつき 第3回ミニバザー
 さつきの活動を続けるために、第3回目のバザーを開催いたします!
 皆様お誘いあわせの上お越しください。
 日時:2013年11月24日(日) AM10:00~15:00
 場所:「さつきハイツ」(鷹の街道沿い、小川公民館入口左)1階
  尚、販売する品物も募集しております。
 「さつき」または白梅学園大学森山研究室までお持ちください。
   連絡先:白梅学園大学 杉本研究室(代表 042-346-5658 内線351)
         渡辺(042-344-7412) 
遊びに行ってきました西東京市市民協働推進センター「ゆめこらぼ」
第5回NPO市民フェスティバル
 地元でつなぐ支えあい~あなたの生きがい、私のやりがい~
 2013年12月7日(土) 10:00~16:00 南町スポーツ・文化交流センターきらっと2F(会議室・多目的ホール)
 主催 第5回NPO市民フェステイバル実行委員会
 共催 西東京市市民協働推進センターゆめこらぼ
 協力 田無公民館
 同時開催 西東京お父さんお帰りなさいパーティ(おとぱ)


参加団体の中にはこれまで交流のある団体もあり、参加48団体のうち以下の団体と交流してきました。
団体の詳細についてはリンクをご参照ください。
 NPO法人西東京NPO推進センター セプロス 西東京市内のNPOの立ち上げ、運営などを支援するNPOとして活動しています。今まで、文化団体ネットワーク、NPO法人連絡会、地域通貨Conteクラブなど 地域で必要とされる市民組織を立ち上げ、地域社会を豊かにするお手伝いをしてきています。
 NPO法人匠リニューアル技術支援協会
 仙人の家 *2011年5月、東伏見で地域のみなさんが暖かくほっとくつろいでいただけるバリアフリーの居場所としてオープン。イベントがたくさんあります(カレンダー)。ボランティアでお昼のお食事を作り(調理)をして頂ける方を募集しています。
 NPO法人ラマーミトゥルの会 *「ラマーミトゥル」とは、シンハラ語で子供の友情という意味です。スリランカとの文化交流・スリランカの小規模学校への支援・スリランカと日本の交友を深める行事をしています。
 学び塾「猫の足あと」 *子どもの貧困問題から始めた学習支援。塾に行っていない生徒に無料で学習支援をしています。中学3年生に勉強を教えてくれる大学生ボランティアを探しています
コミュニティサロン・ほっとスペースさつき 第3回ミニバザー
 さつきの活動を続けるために、第3回目のバザーを開催いたします!
 皆様お誘いあわせの上お越しください。
 日時:2013年11月24日(日) AM10:00~15:00
 場所:「さつきハイツ」(鷹の街道沿い、小川公民館入口左)1階
  尚、販売する品物も募集しております。
 「さつき」または白梅学園大学森山研究室までお持ちください。
   連絡先:白梅学園大学 杉本研究室(代表 042-346-5658 内線351)
         渡辺(042-344-7412) 
 【KASA(小平自閉症を考える会)10周年記念講演会】
  『あたりまえに、いきいきと』
  講師:吉川かおり先生(明星大学人文学部福祉実践学科教授
                (福) 全日本手をつなぐ育成会理事)
  日時:11月20日(水)10~12時
  場所:小平市福祉会館 4階小ホール
  申込み:氏名(複数の場合は全員)・連絡先を明記のうえ、下記 堀場 まで。
       電子メール:horimaki@jcom.home.ne.jp
       ファクシミリ:042-345-5381
   *申込期間は10月31日まで。先着順。定員になり次第締め切ります。
    定員に達した場合のみKASAから連絡をします。
  定員:80名
  参加費:200円(資料代として) 
コミュニティサロン・ほっとスペースさつき 第2回学習会
 ―発達障害・精神障害に関して 一緒に学びませんか?―
 第1回目の学習会では、世代間交流や高齢者・子供の居場所作りに関して学びました。
 今回の学習会では、最近増えている心に重荷を抱えた方など障害の問題や、障害者に対する接し方について学びたいと思います。
 ボランティアスタッフや地域の方どなたでもご参加いただけます。
  日時: 平成25年11月8日(金)午後3時~5時45分
  場所: 白梅学園大学  J26講義室(J棟2階、正門を背にして右手奥)
  会費: 資料代 150円(飲み物付き)
  内容: 1.発達障害とは何か、発達障害児との接し方
         白梅学園大学 小林美由紀学部長・教授・小児科医(50分)
       2.精神障害のある人とのコミュニケーションと対応
         白梅学園大学 土川洋子准教授(50分)
       *18時より、白梅学園生協食堂で「歓談・交流会」を行います。
         (会費:千円)
  主催:コミュニティサロン・ほっとスペースさつき運営委員会
  協力:白梅学園大学 子ども学部 家族・地域支援学科 有志

※準備の都合上、ご参加希望の方は、11月5日(火)までにお申し込みください。
  問合せ・申込先:細江 電話090(6033)5524 hosoeguri@ybb.ne.jp
  本事業は、平成25年度草の根事業育成財団助成対象事業です。 
 シーズ・市民活動を支える制度をつくる会【参加者募集中】
NPO法人運営講座2013(全7回)好評開催中

第3回まで終了しましたが、途中からの参加も可能です。
次回以降のテーマは、NPO法人の会計、税務、労務、資金調達です。
1998年から、毎年この時期に開催している、大人気のセミナー。
NPO法人の役員・職員・会員・協力者などが、法人を運営していくための
必要な知識を深めることができます。

詳しくはこちら⇒ http://bit.ly/1fgeT96
お申し込みはこちら⇒ https://www.tvac.or.jp/forms/apply/449
東京経済大学学内GP企画 渋井哲也フォト+トーク
 被災地の記憶 ~私が見た東日本大震災
 http://www.tku.ac.jp/news/011771.html
 開催概要
  開催日時: 2013年10月26日(土)14:00~16:00(13時30分開場)
  開催場所:東京経済大学 国分寺キャンパス 2号館3階B301
         (国分寺駅南口から徒歩12 分)
  参加費:参加費無料(当日受付、400名まで)
  問い合わせ先: 東京経済大学広報課 pr@s.tku.ac.jp
 チラシhttp://www.tku.ac.jp/news/pdf/20131026_Shibui.pdf
府中NPO・ボランティア活動センター
「誰でも分かるNPO法人税務講座」
■日時:2013年9月28日(土)午後1時~4時
■参加費:1人500円
■会場:府中グリーンプラザ7階第5会議室(府中町1-1)
チラシは こちら 
http://www11.ocn.ne.jp/~fnpov/dl/kouza20.pdf

府中NPO・ボランティア活動センター
府中市府中町1-1 府中グリーンプラザ内
電話:042-335-5793
Fax :042-335-5739
E-mail:npovcf@soleil.ocn.ne.jp
http://www11.ocn.ne.jp/~fnpov/  

たまり場フォーティワン 第3回講演会
 アメリカ社会の建前と本音 -これからの日米関係-

シルバー大学第41期(2010年度)の卒業生がOB会「たまり場フォーティワン」
第3回目の講演会は、米国家安全保障局(NSA)によるネット上の個人情報収集、中国の台頭、混乱するエジプト、シリアなど
国際情勢が大きく変動する中で、アメリカについて勉強 
日 時: 平成25年9月17日(火)午前10時~12時 (入場は9時30分から)
場 所: 小平市中央公民館  講座室2(当日先着25名まで受付)
会 費: 資料代 100円
講 師: 江口 建之さん (有)EMIコンサルティング代表取締役
内 容: アメリカ社会の建前と本音  -これからの日米関係-
主 催: たまり場フォーティワン運営委員会
問合せ・申込先: 細江 TEL・FAX 042(344)7618
            Email:hosoeguri@ybb.ne.jp
チラシ:word版PDF版

 コミュニティサロン・ほっとスペースさつき 第1回学習会
 ―地域の居場所や世代間交流に関して一緒に学びませんか?―

コミュニティサロン・ほっとスペースさつき
日 時: 平成25年9月13日(金)午後3時~5時30分(入場は午後2時30分から)
ところ: 白梅学園大学  J14講義室(J棟1階 正門を背にして左手奥)
会 費: 資料代 150円(飲み物付き)
内 容: 1.世代間交流と地域の居場所 白梅学園大学草野篤子教授(50分)
      2.地域と作る子どもの居場所 白梅学園大学牧野晶哲講師(50分)
      3.地域の居場所づくり~ 参加者交流
主 催: コミュニティサロン・ほっとスペースさつき運営委員会
協 力: 白梅学園大学 子ども学部 家族・地域支援学科 有志
 *18時より、白梅学園生協食堂で「歓談・交流会」を行います。(会費:千円)
  なお準備の都合上、ご参加いただく方は、9月10日(火)までにお申し込みください。
問合せ・申込先: 細江 TEL 042(344)7618
チラシ: word版PDF版

本事業は、平成25年度草の根事業育成財団助成対象事業です。